TOPページ > ロゴマークエピソード > ユニクロ

ロゴマークの由来やエピソード  uniqlo ユニクロ

ロゴマークの由来やエピソード  ユニクロ
 ユニーク・クロージング・ウエアハウス…1984年に誕生したユニクロの最初の店舗の名称です。 「ユニクロってどういう意味?」と思われた方も多いでしょうが、語源にさかのぼると意味も見えてきますね。 込めた意味は「いつでも服を選べる巨大な倉庫」ということです。 本来は長い名前だったわけですが、ロゴマークを作るときに若い人に受けるように短縮したのだそうです。
 さて、そのユニクロですが、当初はUNICLOだったそうです。ところが香港で現地の人と合弁で商品のバイイング会社を設立しようとしたときに、 登記をする時にその人が間違えてCとQを間違えてしまった。ところが字体を見たらQの方が格好いい。それなら本体の日本の店名も全部変えてしまえ!となって現在があるようです。
「間違いだから直す」のではなく「格好いい方にする」…これもロゴマークを制作するときに大いに参考になりそうです。
■引用…一勝九敗(柳井 正 著/新潮文庫)より
ロゴマーク他のエピソードを見る
日本ロゴマークセンターの願い カテゴリー一覧へ すべてを見る デザイン戦略室へ デザインヒントへ ロゴマークエピソードへ コース概要
    セレクト アレンジ デザイン戦略 簡単オーダー ロゴタイプ タイトルデザイン 筆文字 無料ダウンロード
デザイナー紹介 ロゴワン営業時間のご案内 ここに掲載している企業のロゴマークに関しては、優れたロゴマークであることを前提に資料として敬意をもって紹介しているものです。
企業側の意向で掲載が適当でない場合、ご連絡いただいたものについては削除等の対応をしています。
【日本ロゴマークセンター】ロゴマークのことならお任せください。
業績を伸ばした方、ブランドイメージを作りたい方のために、若い感性の素敵なロゴマークデザインを8,000円から豊富に取りそろえてあります。
さらにアレンジコースやデザイン戦略コースなど多様なコースを用意してあります。