TOPページ > ロゴマークエピソード > プロミス

ロゴマークの由来やエピソード  プロミス

ロゴマークの由来やエピソード プロミス
ロゴマークは単なる図形の組み合わせでは意味がない。
そこに企業の理念や願いが込められて初めてロゴマークとなると思う。

“回転系”のロゴとして目にとまったので調べてみたら、やはりきちんとした願いが込められていた。
以下その文の一部を引用紹介する。


---------------------------------------------------------
当社は1999年1月、「お客様一人ひとりの『パーソナル・メインバンク』への進化を目指す」という企業ビジョンを掲げ、 社員全員の気持ちを社内外に表明するために、黄色い看板に象徴されるシンボルマークを導入しました。

シンボルマークは、ライオンの「頼りがい」と太陽の「温かさ」をモチーフとしており、 中央に背中合わせに配した二つのPは、事業指針の「パーソナル」と行動指針の「パートナー」の頭文字を表しています。

ライオンのたてがみや太陽の光に見える部分が途中で切れているのは、逆に広がりをイメージしていただくためです。
全国の看板にはさまざまな形状がありますが、一辺は必ず途中で切れています。
---------------------------------------------------------
様々な形状があるものの、一辺は必ず切れているというのがとてもユニークで その意味もとてもよくわかります。

参考にしたいものですね。

■引用…プロミスホームページより

ロゴマーク他のエピソードを見る
日本ロゴマークセンターの願い カテゴリー一覧へ すべてを見る デザイン戦略室へ デザインヒントへ ロゴマークエピソードへ コース概要
    セレクト アレンジ デザイン戦略 簡単オーダー ロゴタイプ タイトルデザイン 筆文字 無料ダウンロード
デザイナー紹介 ロゴワン営業時間のご案内 ここに掲載している企業のロゴマークに関しては、優れたロゴマークであることを前提に資料として敬意をもって紹介しているものです。
企業側の意向で掲載が適当でない場合、ご連絡いただいたものについては削除等の対応をしています。
【日本ロゴマークセンター】ロゴマークのことならお任せください。
業績を伸ばした方、ブランドイメージを作りたい方のために、若い感性の素敵なロゴマークデザインを8,000円から豊富に取りそろえてあります。
さらにアレンジコースやデザイン戦略コースなど多様なコースを用意してあります。