TOPページ > ロゴマークエピソード > NIKE

ロゴマークの由来やエピソード  ナイキ NIKE

ロゴマークの由来やエピソード  ナイキ
 勝利の女神ニーケーの彫像の翼をモチーフにデザインしたとされている。また「勢いよく動く」という意味で、その形状は躍動感やスピード感を表現している。 ロゴのデザインは1971年、創設者であるフィル・ナイトが会計学の講師をしていたポートランド州立大学で出会ったキャロライン・デビッドソンが制作した。
 ナイトは、グラフィックデザインを専攻していたキャロラインにロゴのデザインを依頼。まだデザインを仕事にして間もないキャロラインは、デザイン料として僅か35ドルの請求書をナイトに提出したということです。 世界的に知られているスポーツ用品メーカーのロゴマークが1万円にも満たないとは…
 要は“いくらお金をかけたか”ではなく“企業イメージに合致し、どれだけ多くの人に親しまれるか”が大切だということですね。 もっとも、キャロラインはその後もナイキのデザインを手がけ、ナイトからダイヤモンド入りの金のスウッシュリングとナイキ株を受け取ったということです。

■引用…wikipedia/ナイキより


ロゴマーク他のエピソードを見る
日本ロゴマークセンターの願い カテゴリー一覧へ すべてを見る デザイン戦略室へ デザインヒントへ ロゴマークエピソードへ コース概要
    セレクト アレンジ デザイン戦略 簡単オーダー ロゴタイプ タイトルデザイン 筆文字 無料ダウンロード
デザイナー紹介 ロゴワン営業時間のご案内 ここに掲載している企業のロゴマークに関しては、優れたロゴマークであることを前提に資料として敬意をもって紹介しているものです。
企業側の意向で掲載が適当でない場合、ご連絡いただいたものについては削除等の対応をしています。
【日本ロゴマークセンター】ロゴマークのことならお任せください。
業績を伸ばした方、ブランドイメージを作りたい方のために、若い感性の素敵なロゴマークデザインを8,000円から豊富に取りそろえてあります。
さらにアレンジコースやデザイン戦略コースなど多様なコースを用意してあります。